ひざ痛・腰痛


中高年の方に多いお悩みではないでしょうか。痛いと動かしたくない・・・

でも、運動で痛みが改善することも!

今回は「ひざ痛」「腰痛」がテーマです。


膝痛

膝を使わないでいることで起こる痛みは、膝まわりの筋肉に関係します。膝関節は、主に大腿四頭筋(大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋の総称)と「ハムストリングス(半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋の総称)」によって安定が保たれています。けれども、運動不足によりこれらの筋肉が衰えると膝に過剰な負担がかかるようになり、痛みとなって現れます。

参考:「ヘルスケア大学」膝の痛みは運動不足(筋力低下)が原因かも?


痛いからといって膝を動かなくなるとさらに負担がかかり、痛みが悪化することも・・・!

膝を支えているのは、太ももの筋肉。下半身の筋肉は全身の70%を占めると言われている大きな筋肉なんです。ずっと元気に歩けるように、頑張って少しずつ動かしてみませんか?


改善のポイント

筋力がついてきたら、膝への負担や衝撃を筋肉がカバーしてくれるので、運動も普通にできるようになります。このような状態になったら、週3回程度はウォーキングをする、日常生活の中でできるだけ歩く、エスカレーターではなく階段を使うなど、筋力をキープできるような生活を送りましょう。膝痛の予防になります。

参考:「ヘルスケア大学」膝の痛みは運動不足(筋力低下)が原因かも?




腰痛

1日中座りっぱなしなど、普段の運動量が不足すると、椎間板や腰回りを支えている筋肉が衰えてきます。特に高齢者の場合は、腰の骨を支える筋肉は衰えるにも関わらず、関節がすり減って筋肉かかる負担は増加するため、腰痛の大きな原因となります。

参考:「ヘルスケア大学」運動不足は腰痛発症の確率も上げる?


腰を支えているのは、お腹の筋肉。筋肉は使わないと、どんどん衰えると言われています。しかもお腹の筋肉は、普段の生活でなかなか使わない筋肉なのだそうです。


また、運動不足になると血行も悪くなります。血行が悪くなると筋肉が硬くなるため、腰が痛みやすくなります。さらに、運動不足は骨の衰えの原因にもなるため、骨粗しょう症による腰痛につながる場合もあります。

参考:「ヘルスケア大学」運動不足は腰痛発症の確率も上げる?


しかし、痛いからといって運動しないと、腰を支えている筋肉が減り、血流も悪くなり痛みが悪化することも・・・!


改善のポイント

腰痛の予防には激しい運動ではなく、有酸素運動が適しています。ストレッチや、腹筋などの筋力トレーニングも有効です。すでに腰痛がある方は、腰痛の改善によいストレッチと水中ウォークがおすすめです。

参考:「ヘルスケア大学」運動不足は腰痛発症の確率も上げる?


ウォーキングは有酸素運動、筋力トレーニングは機械を使った筋肉をしっかり使う運動です。フィッツミーのマシンは、病院のリハビリでも使われているので安心して運動していただけます!

痛みのない範囲で少しずつ動かしていくと、だんだん動かせるようになることもあるそうです。ひどい痛みでなければ、少しずつ動かしてみませんか?

無料体験もできますので、お気軽にお問い合わせください。


0コメント

  • 1000 / 1000

フィッツミーエルティ草津店

フィッツミーは「健康をはかる企業」タニタがプロデュースする、女性専用30分フィットネスです。 滋賀県草津駅の近くで運動施設を探すなら、東口から徒歩1分のフィッツミーエルティ草津店はいかがでしょうか。 運動が嫌い・苦手な方でも大丈夫!年齢も関係ありません!楽しく続けやすい運動内容になっております。 肩こり・腰痛などにお悩みの方も、健康のために運動をはじめてみませんか?

フィッツミー エルティ草津店

〒525-0032

滋賀県草津市大路1-1-1(エルティ草津2階)

*平日 10:00~19:00(13:00~15:00クローズ)

*土曜日 10:00~13:00

 日曜・祝日休み

TEL 077-599-1188